2018年07月20日

夏真っ盛り!

猛暑日が続きますが、

いかがお過ごしでしょうか?



黒猫ファームも夏本番を迎え、夏野菜がすくすくと成長しています。



★今回の黒猫夜の野菜部門は、この黒猫ファームの野菜メイン!


自社の農場で育てられているからこそ、自信を持ってオススメ出来ます♪



*九層塔〜台湾バジル〜*


台湾の料理に欠かせない、

この独特な香り

日本にはない香り九層塔!



78B971C0-FFBB-4FB7-A1E1-3442E4B15D57.jpeg



ただ今、豊作です!


この味、現地で食べたぞ。

そんな風に懐かしく思っていただける味に仕上げてます。



暑くカラっとした気候に適しているため、今はバジルの旬です。黒猫夜でも数種類のメニューに使用しているので、病みつきになること間違いなし〜。




*白にがうり*



EA8316BC-B682-45B2-AF4E-865670299EAD.jpeg



白いけど、しっかりした苦さがあります。

本家のゴーヤに負けないほど、苦いかも



25BB3A90-BD48-4001-95BE-38D4E75C325F.jpeg



でもご安心ください^ ^

ちょうどいい塩梅に仕上げてます。

水分量が多く、みずみずしい!

暑い夏にはオススメしたい野菜です。




*四角まめ*


女子力高めのフリルをまとった豆



3EF41061-63D7-44CC-9815-BADB15DE91B0.jpeg



断面が四角で、まるで羽が生えたような形

英語では

「ウイング・ビーンズ=翼豆」

            カッコイイ


インゲン豆に似たシャキシャキした食感で、炒め物に良し、天ぷらにしても良し、お浸しにしても良し!

どんな調理法&味にも化ける優れもの


7月末頃からの出荷になりそうなので、お披露目までは今しばらくお待ちください。




*長なす*


これ、茄子?



879B8329-A08E-4762-8724-976D0930671C.jpeg


56A67FC0-C5B4-4093-9490-A1F336EA1F82.jpeg



な色をしている茄子ですが、立派な茄子です。


焼きなすに適していて、皮は固めですが、火を通すことによって中が驚くほどに柔らかくなります。茄子好きカモンw



今回の猛暑で、影響を受けてしまった長なす


しばらくは猛暑との戦いのため、急ピッチで対策を立てているところです。





*ひもとうがらし*


この、紐みたいに細長い唐辛子



B9534354-A5E7-4224-ABB4-DE0146FB3F27.jpeg



青唐辛子の仲間?

地獄のように辛いんでしょ?

そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません


これ、全く辛くないです。

シシトウに似た風味を持っています。

煮びたしにしてみたり

チャチャっと少量の油で炒めてみたり

調理法いろいろ!

おつまみに最適なので、シュワシュワな黒猫特製のハイボールとご一緒にいかがでしょうか?




〜夏の暑さ厳しい中で、黒猫ファームの野菜たちは力強く育っています〜


〜黒猫夏野菜でパワーチャージし、嫌な暑さも吹き飛ばしてください(・∀・)♪〜




*番外編*


このピンクの、なぁ〜んだ?



2280BC98-66AA-4535-8401-43BAC7595E34.jpeg



色鮮やか!

キレイ!

緑とピンクがいい色合い!



と、はじめて見たときはテンションが上がりました。(女子w)



これ、

今や水田で最も恐れられている存在の

「スクミリンゴガイ」

         通称『ジャンボタニシ』



AF1C46F1-9EF4-45E3-983F-4B58F472FCC3.jpeg



このピンク色の卵の内部は神経毒が充満していて、当たり前だが食べられたもんじゃない。



D2489027-A8B4-4E64-BD95-D5A27F5444DF.jpeg



綺麗なものには毒がある



もともとは食用として台湾から日本に入ってきた代物でしたが、これが大変。


水田で稲を食いちぎり、しかも動きが速い!


黒猫ファームも被害にあいました。


この水田の手前部分、綺麗でしょ?



A5804B08-4800-4FAE-A4C4-EDCC98DA7EA3.jpeg



ここに黒クワイを植え付けたものの全滅


被害を食い止めることは出来ませんでした。



恐るべき

ジャンボタニシ



0D7D71E8-1616-40F9-BFB0-6BB9AAC33FC1.jpeg



posted by 黒猫夜 at 18:42| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: