2018年07月20日

夏真っ盛り!

猛暑日が続きますが、

いかがお過ごしでしょうか?



黒猫ファームも夏本番を迎え、夏野菜がすくすくと成長しています。



★今回の黒猫夜の野菜部門は、この黒猫ファームの野菜メイン!


自社の農場で育てられているからこそ、自信を持ってオススメ出来ます♪



*九層塔〜台湾バジル〜*


台湾の料理に欠かせない、

この独特な香り

日本にはない香り九層塔!



78B971C0-FFBB-4FB7-A1E1-3442E4B15D57.jpeg



ただ今、豊作です!


この味、現地で食べたぞ。

そんな風に懐かしく思っていただける味に仕上げてます。



暑くカラっとした気候に適しているため、今はバジルの旬です。黒猫夜でも数種類のメニューに使用しているので、病みつきになること間違いなし〜。




*白にがうり*



EA8316BC-B682-45B2-AF4E-865670299EAD.jpeg



白いけど、しっかりした苦さがあります。

本家のゴーヤに負けないほど、苦いかも



25BB3A90-BD48-4001-95BE-38D4E75C325F.jpeg



でもご安心ください^ ^

ちょうどいい塩梅に仕上げてます。

水分量が多く、みずみずしい!

暑い夏にはオススメしたい野菜です。




*四角まめ*


女子力高めのフリルをまとった豆



3EF41061-63D7-44CC-9815-BADB15DE91B0.jpeg



断面が四角で、まるで羽が生えたような形

英語では

「ウイング・ビーンズ=翼豆」

            カッコイイ


インゲン豆に似たシャキシャキした食感で、炒め物に良し、天ぷらにしても良し、お浸しにしても良し!

どんな調理法&味にも化ける優れもの


7月末頃からの出荷になりそうなので、お披露目までは今しばらくお待ちください。




*長なす*


これ、茄子?



879B8329-A08E-4762-8724-976D0930671C.jpeg


56A67FC0-C5B4-4093-9490-A1F336EA1F82.jpeg



な色をしている茄子ですが、立派な茄子です。


焼きなすに適していて、皮は固めですが、火を通すことによって中が驚くほどに柔らかくなります。茄子好きカモンw



今回の猛暑で、影響を受けてしまった長なす


しばらくは猛暑との戦いのため、急ピッチで対策を立てているところです。





*ひもとうがらし*


この、紐みたいに細長い唐辛子



B9534354-A5E7-4224-ABB4-DE0146FB3F27.jpeg



青唐辛子の仲間?

地獄のように辛いんでしょ?

そう思う方も中にはいらっしゃるかもしれません


これ、全く辛くないです。

シシトウに似た風味を持っています。

煮びたしにしてみたり

チャチャっと少量の油で炒めてみたり

調理法いろいろ!

おつまみに最適なので、シュワシュワな黒猫特製のハイボールとご一緒にいかがでしょうか?




〜夏の暑さ厳しい中で、黒猫ファームの野菜たちは力強く育っています〜


〜黒猫夏野菜でパワーチャージし、嫌な暑さも吹き飛ばしてください(・∀・)♪〜




*番外編*


このピンクの、なぁ〜んだ?



2280BC98-66AA-4535-8401-43BAC7595E34.jpeg



色鮮やか!

キレイ!

緑とピンクがいい色合い!



と、はじめて見たときはテンションが上がりました。(女子w)



これ、

今や水田で最も恐れられている存在の

「スクミリンゴガイ」

         通称『ジャンボタニシ』



AF1C46F1-9EF4-45E3-983F-4B58F472FCC3.jpeg



このピンク色の卵の内部は神経毒が充満していて、当たり前だが食べられたもんじゃない。



D2489027-A8B4-4E64-BD95-D5A27F5444DF.jpeg



綺麗なものには毒がある



もともとは食用として台湾から日本に入ってきた代物でしたが、これが大変。


水田で稲を食いちぎり、しかも動きが速い!


黒猫ファームも被害にあいました。


この水田の手前部分、綺麗でしょ?



A5804B08-4800-4FAE-A4C4-EDCC98DA7EA3.jpeg



ここに黒クワイを植え付けたものの全滅


被害を食い止めることは出来ませんでした。



恐るべき

ジャンボタニシ



0D7D71E8-1616-40F9-BFB0-6BB9AAC33FC1.jpeg



posted by 黒猫夜 at 18:42| Comment(0) | 日記

2018年05月07日

リベンジ 袋茸


今年も袋茸に再チャレンジ!

実は、去年取り組んだ袋茸栽培はあまり上手くいかんかったのです。
そこで今回は、冬の期間中に袋茸の栽培が盛んな場所を調べて、
そちらのメーカーさんとコンタクトを取って、今回に至ります。

2度目の失敗は許されないぞ!
という覚悟で、最初から最後までしっかりと栽培方法を目に焼き付けて参りました。


中国某所、袋茸栽培の村へ侵入成功。


IMG_0993.JPG


栽培施設はどれも同じ建物、9階層のレンガ作り。
窓も通気のために綺麗に併設されてます。
村のあちらこちらにこの建物が。村全体で栽培してる模様。


IMG_0990.JPG


まずは、菌床の素となる材料を搬入。
この素材を聞いてびっくり!すごいリサイクルだ!


IMG_1013.JPG


IMG_0999.JPG


今回お世話になった袋茸農家の徐さん
菌を植え付ける菌床を熱菌消毒する盧に燃料入れてるところです。


IMG_0989.JPG


奥さんも手伝って、消毒後の菌床棒を明日の注菌作業の前に冷却しておきます。


IMG_1035.JPG


注菌作業。アナログだ。こんなちゃっちい設備で他の雑菌はいらないのか心配。


IMG_0969.JPG


IMG_0970.JPG


IMG_1042.JPG


栽培施設へ菌床を配置1階から9階層の棚へ全部マンパワーで運ぶ。


IMG_1029.JPG


約3週間後には、袋茸たちは、ちらほらと。


IMG_1022.JPG







一方こちらは、自動化された近代キノコ工場。

私にはこんな規模に投資する金も勇気もないですが、一応勉強のため見学。
エリンギですが。


IMG_1068.JPG


IMG_1070.JPG


IMG_1073.JPG


IMG_1051.JPG


ちなみに日本とは大きさの違う巨大エリンギ。
1本が腕の太さぐらいあります。
アメリカへの輸出向けだそうです。さすがでかい物好き、アメリカン。


IMG_1061.JPG


IMG_1058.JPG

posted by 黒猫夜 at 12:44| Comment(0) | 日記

2018年03月23日

春 到来

桜の花が開く頃…

黒猫農園の野菜たちも活発に動き始めました。


■高山豆苗

4D82D8E9-E25B-4CE5-8419-8673601A82C8.jpeg

えんどう豆の若葉です

日本で知られる豆苗はカイワレのように細く伸びた茎に小さな葉がついているもの。

高山豆苗は葉が大きく、茎も太い!

シャキシャキの食感は変わらずとも、食べ応えのある豆苗です。

えんどう豆特有の甘みもしっかりと感じられる味で、強火でサッと炒めてご提供★


着々と成長をすすめています

↓↓↓


981CB122-D560-43F4-8A6E-9B2EDBEB9814.jpeg


まだまだ大きくなる品種です。


B8660AE2-C3BE-4C08-B6CF-BBEFC8C4F1D7.jpeg


目指せこのサイズ!

環境や植える間隔など、種を購入したメーカーさんにもアドバイスを頂きながら試行錯誤しております


■カイラン

ご存知ですか?

カイラン
↓↓↓

840DC4BC-EA5A-4ED3-BBC9-9256104E4524.jpeg


中国では高級野菜の代名詞ともなっています。

アブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの仲間です。食感や風味がアスパラ・ブロッコリーに似ていて、癖のない甘みのある野菜です。

気候や手間のかかるという面で、日本ではあまりお目にかかれない野菜です。


少しずつですが黒猫農園でも収穫されつつあり、メニューにも登場しました。


20044D1B-0EC2-4BF5-B003-D0FBCE65764D.jpeg


1E3F587B-8995-4E8A-A124-AEC818187E7A.jpeg


天候との戦いなどもあり、なかなか思うようにはいかない毎日。

そんな中でも、黒猫農園の野菜は力強く育っています!!


その時々で提供出来る野菜が変わってくるのも、自社農場の魅力の一つ♡


どうぞ赤坂・六本木・銀座と、店舗に足をお運びくださ〜い
posted by 黒猫夜 at 13:25| Comment(0) | 日記