2018年05月07日

リベンジ 袋茸


今年も袋茸に再チャレンジ!

実は、去年取り組んだ袋茸栽培はあまり上手くいかんかったのです。
そこで今回は、冬の期間中に袋茸の栽培が盛んな場所を調べて、
そちらのメーカーさんとコンタクトを取って、今回に至ります。

2度目の失敗は許されないぞ!
という覚悟で、最初から最後までしっかりと栽培方法を目に焼き付けて参りました。


中国某所、袋茸栽培の村へ侵入成功。


IMG_0993.JPG


栽培施設はどれも同じ建物、9階層のレンガ作り。
窓も通気のために綺麗に併設されてます。
村のあちらこちらにこの建物が。村全体で栽培してる模様。


IMG_0990.JPG


まずは、菌床の素となる材料を搬入。
この素材を聞いてびっくり!すごいリサイクルだ!


IMG_1013.JPG


IMG_0999.JPG


今回お世話になった袋茸農家の徐さん
菌を植え付ける菌床を熱菌消毒する盧に燃料入れてるところです。


IMG_0989.JPG


奥さんも手伝って、消毒後の菌床棒を明日の注菌作業の前に冷却しておきます。


IMG_1035.JPG


注菌作業。アナログだ。こんなちゃっちい設備で他の雑菌はいらないのか心配。


IMG_0969.JPG


IMG_0970.JPG


IMG_1042.JPG


栽培施設へ菌床を配置1階から9階層の棚へ全部マンパワーで運ぶ。


IMG_1029.JPG


約3週間後には、袋茸たちは、ちらほらと。


IMG_1022.JPG







一方こちらは、自動化された近代キノコ工場。

私にはこんな規模に投資する金も勇気もないですが、一応勉強のため見学。
エリンギですが。


IMG_1068.JPG


IMG_1070.JPG


IMG_1073.JPG


IMG_1051.JPG


ちなみに日本とは大きさの違う巨大エリンギ。
1本が腕の太さぐらいあります。
アメリカへの輸出向けだそうです。さすがでかい物好き、アメリカン。


IMG_1061.JPG


IMG_1058.JPG

posted by 黒猫夜 at 12:44| Comment(0) | 日記

2018年03月23日

春 到来

桜の花が開く頃…

黒猫農園の野菜たちも活発に動き始めました。


■高山豆苗

4D82D8E9-E25B-4CE5-8419-8673601A82C8.jpeg

えんどう豆の若葉です

日本で知られる豆苗はカイワレのように細く伸びた茎に小さな葉がついているもの。

高山豆苗は葉が大きく、茎も太い!

シャキシャキの食感は変わらずとも、食べ応えのある豆苗です。

えんどう豆特有の甘みもしっかりと感じられる味で、強火でサッと炒めてご提供★


着々と成長をすすめています

↓↓↓


981CB122-D560-43F4-8A6E-9B2EDBEB9814.jpeg


まだまだ大きくなる品種です。


B8660AE2-C3BE-4C08-B6CF-BBEFC8C4F1D7.jpeg


目指せこのサイズ!

環境や植える間隔など、種を購入したメーカーさんにもアドバイスを頂きながら試行錯誤しております


■カイラン

ご存知ですか?

カイラン
↓↓↓

840DC4BC-EA5A-4ED3-BBC9-9256104E4524.jpeg


中国では高級野菜の代名詞ともなっています。

アブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの仲間です。食感や風味がアスパラ・ブロッコリーに似ていて、癖のない甘みのある野菜です。

気候や手間のかかるという面で、日本ではあまりお目にかかれない野菜です。


少しずつですが黒猫農園でも収穫されつつあり、メニューにも登場しました。


20044D1B-0EC2-4BF5-B003-D0FBCE65764D.jpeg


1E3F587B-8995-4E8A-A124-AEC818187E7A.jpeg


天候との戦いなどもあり、なかなか思うようにはいかない毎日。

そんな中でも、黒猫農園の野菜は力強く育っています!!


その時々で提供出来る野菜が変わってくるのも、自社農場の魅力の一つ♡


どうぞ赤坂・六本木・銀座と、店舗に足をお運びくださ〜い
posted by 黒猫夜 at 13:25| Comment(0) | 日記

2017年12月29日

近況報告



中国一賑わいのあると言うふれこみの中国野菜種の展示会。見学しに行きました。
来年の黒猫農園の新たな人種を探しに…。


だいぶ山の中の中にあるなと感じながら、駅から300mと言う開催地へ歩いて1時間

やっと発見

8CD77F6D-92E4-4847-B39E-6FDD92D42D01.jpeg

D3F421AF-BF2D-4E85-AC0A-9C7DD3689790.jpeg



う〜ん完成度30%。
久しぶりに中国の洗礼を受けました、謝謝。



49900466-275D-4F62-84C9-501A020C7B55.jpeg



タダでは帰れぬ、逆に私のハングリー精神に火がつきました。


292E57F5-97CD-4F04-9BED-BBF068C2C4BF.jpeg

45E2158F-994C-4E27-9DBA-357AF2CEC53E.jpeg



屋上では、実際に各メーカーごとの野菜を栽培。
最終商品形態を手に取って見ることができます。

これはなかなか勉強になる。

だいぶ密集させて栽培してます。
相当化学肥料使ってるんだろうな。。。

5316CEB2-8820-4C64-83BC-EB000AEAD7D1.jpeg





一方こちらは黒猫農園冬野菜。

今年の冬は寒いな〜、12月出荷予定の野菜がなかなか育ちません。

来年の冬はビニールハウスもう1,2棟増やさないとダメだな。



33205F1E-65B1-41E1-9F7D-A3935CB006E0.jpeg


カイラン     茎がもう少し太くなればベストだよ。


1E7B29AA-8DA3-4AF3-A16B-F7F44F30FFC8.jpeg


広東パクチョイ    中国産に比べて、味が濃く数段においしいです。
ただ寒さに負けて、なかなか育たないです。


598FECCD-DF5B-4BD3-BD41-08D18C345BAE.jpeg


紅芯大根    これだけは、順調に育ってます。
黒猫では漬物にして提供してますが、煮てもよし炒めてもよし。

来年は火を通した調理法に挑戦してみます。




26EA0A33-DB2E-461D-B839-23857E9D3F54.jpeg


春野菜の準備もわすれずに。

高山豆苗


続きを読む
posted by 黒猫夜 at 19:08| Comment(0) | 日記