2017年08月01日

ついに、キノコたちが動き始めた〜フクロタケ編〜



フクロタケをご存知だろうか


トムヤムクンに入っているアレ


丸い形状に包まれ、
半分に割ると、中にキノコの形があるアレ


日本では、なかなか生で見る機会はないだろう…


ほぼ、缶詰や水煮になっている。


7月初旬、この「フクロタケ育成プロジェクト」が始動した。



IMG_6093_R.JPG

IMG_6091_R.JPG


まずは、菌床を置くための棚づくりからスタート


灼熱のビニールハウス内


素足になり、地面を踏みつけ、固める。


あつい…とにかく暑い&熱い!


ひたすら、土台作りのために踏み踏み…踏み踏み…


IMG_6097_R.JPG


IMG_6105_R.JPG


黒いシートを敷いたところで、次は棚づくり


IMG_4585.JPG


この立派な棚が出来るまでにも、
すったもんだあった…


IMG_4625.JPG


ハウス全体を覆うように黒のビニールを被せ、
さぁ、いつでも来い!フクロタケ!!!




そうこうしていると、


IMG_4609.JPG

IMG_4621.JPG


大量の菌床到着


IMG_4635.JPG

IMG_4644.JPG

IMG_4638.JPG


さっそく棚に移動させ、土を被せる。


あとはフクロタケが出てくるのを待つだけだ。




お!
おおお!!


IMG_0025.JPG


ポコポコと、出てきているではないか!


菌床が到着してから、そう時間は経っていない。


そうこうしているうちに、


IMG_0032.JPG


大漁!大漁!


IMG_0027.JPG

IMG_0020.JPG


コロンと丸い、なんとも愛らしい形

半分に割ると、しっかりキノコの形もある。


さっそく、試食


臭みもなく、どんな料理にも馴染む優れもの!

スープにも炒め物にも、なんにでも合う!

一同、感激!!!





しかし ある問題が…


IMG_0029.JPG

IMG_0031.JPG

IMG_0021.JPG


収穫のタイミングを逃すと、外の袋を突き破り、
中のやつらが主張する…


なんてこった…


さらには、収穫後でもこの通り


IMG_0034.JPG

IMG_0033.JPG


丸い形状のものを収穫したにも関わらず、
やつらは成長を続けるのだ…


袋から出てきてしまったものは、正直、使い物にならない。
破棄…


なるほど。
生の状態で流通がないのは、こういったことも原因になっているのだろう。


難しい。


まだまだ、挑戦は続く




■そして…
また新たなキノコたちの物語も幕をあげる


IMG_0035.JPG

IMG_0036.JPG

IMG_0039.JPG



豚キノコに鳥キノコ


こちらも、もうしばらくしたらお披露目が出来るであろう


お楽しみに



〜フクロタケ編終わり〜
posted by 黒猫夜 at 01:22| Comment(0) | 日記

2017年07月31日

ついに、キノコたちが動き始めた〜キヌガサダケ編〜


4月末より、キヌガサダケの植え付けが始まった。


IMG_4392.JPG



陽射しの当たらない、ひんやりとしたその場所

果たして本当に成長するのだろうか…

ドキドキの中、作業は進んだ。



7月某所、ポコポコと土から顔を出しているのを発見!

IMG_4592.JPG

IMG_4586.JPG


これはもしや?!

一同、期待で胸が膨らむ。

そしてついに、アミアミ姿のキヌガサダケ登場!


IMG_4653.JPG



IMG_4654.JPG


IMG_0022.JPG


収穫し、すぐさま店舗にて調理を。


しかし、ここで問題発生!


キヌガサダケは非常に繊細なため、店舗に到着した際にはとても食べれない状態に…。


繊細だ…


きっと、そういった面から中国では乾燥のものが出回っているのだろう。


なんとしてでも、生の状態で流通させたい!


球体のまま、配送してみては?


ということで、早速。


IMG_4666.JPG


IMG_4667.JPG


お!成功!!


綺麗な傘が広がった。


しかし…なんだ、この独特な香り…


キノコの香りは一切せず、薬品のような香り…


次は、この独特の香りを消すための技の習得に努めることにしよう。





〜キヌガサダケ編終わり〜





posted by 黒猫夜 at 14:16| Comment(0) | 日記

2017年07月07日

夏野菜、すくすく育ってます。




本格的な暑さが続く中、農園の野菜たちもすくすく育っています。


■「しろにがうり」



IMG_6143_R.JPG


IMG_6144_R.JPG


IMG_6141_R.JPG


ゴーヤといえば三日月のような形を想像する人も多いかと思いますが、ぷっくらしたおちびちゃん。

今年の白にがうりは、なんとも愛くるしい形をしています。

緑に比べて、甘いのだろうか…

収穫までもう少し!楽しみです。



■「ひもとうがらし」

IMG_6133_R.JPG


IMG_6135_R.JPG

ビヨーンと長い一本のこちらは、「ひもとうがらし」と呼ばれる大和野菜。

現地で生でいただきました。

ピーマンのような青々しさと、ほんのり甘みがあり、実も柔らかかったです。

少量の油で炒めたらおいしそう!

どんな料理になるか、こうご期待ください☆



■「長なす」


IMG_6166_R.JPG

IMG_6162_R.JPG


ん?!
緑色???
こちら、茄子特有の紫色「ナスニン」という色素を含まない品種なんです。
東南アジアでは比較的一般的ですが、日本ではまだまだ知られていなく、初めて見る人も多いのでは??
一般的な茄子とはどう違うのか…こちらも楽しみです。


■「かぼちゃ」に「台湾バジル」


こちら、店舗にて夏メニューとして登場しております!!


IMG_6176_R.JPG

IMG_6171_R.JPG


こちらのかぼちゃは、回鍋肉として。
豆鼓を効かせた、ピリ辛な仕上がり。
お酒にも合う合う〜


ファイル 2017-07-07 16 24 27.jpeg


一方バジルは台湾の家庭の味「三杯鶏」に。


ちなみに台湾バジルは、通常のスイートバジルなどとは全く違う味です。

ハーブ感が強いです。

しかし、台湾ではこの味!

国産鶏肉を使用し、弾力のある鶏肉と台湾バジルのアクセントがたまりません。


IMG_6148_R.JPG

IMG_6152_R.JPG

ファイル 2017-07-07 16 23 57.jpeg


ジュウジュウと音を立てた土鍋でお出ししております。




★☆黒猫夜では、こちら農場の野菜とコラボして、メニューが作られています。


各店舗、食べられる野菜や調理法も様々です。


ぜひ、店舗に足をお運びください〜♪♪



■キヌガサダケの栽培も本格的に始動しております。


棚づくり含め、近々ブログ更新予定です〜


               お楽しみに('◇')ゞ










posted by 黒猫夜 at 16:44| Comment(0) | 日記